<   2008年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

緊急外来

実は
8月に入ってから

2回

お世話になってます。


1回目は
グアムに行く前。

扁桃炎

点滴を打って
3日位臥せって

なんとか
グアムにこぎつけたの。


そして
2回目が
昨日。

急に
お腹が痛くなって

最初いつもの
胃炎だー
って思ってたら

どんどんどんどん
痛くなってきて
気持ち悪くもなってきて

トイレから出られませんでした

もう何しても痛いの

お父さんとお母さんに電話して
迎えにきてもらいました

それまでの1時間半

どれだけ長く感じたか

トイレなのに
へたり込んで
外に助けをよびにもいけませんでした


病院いっても
痛くて痛くて

白目剥くかと思ったくらい

痛すぎて
暴れまくって
ベッドから落ちそうになって
押さえててくださいって言われてたらしい

痛み止めの注射されて。

看護婦さんがすっごい優しかった涙

なかなかそれでも痛いのなおんなくて

親が心配して
詳しく検査してくださいって頼んで。

採血
採尿
レントゲン
CTスキャン

結局
何も問題なくて
内臓とか血液は
ほんと健康そのものらしいよ。

結局また点滴打って
その間に妹が
入院するかと思って入院グッズを持って
駆けつけてくれた。


薬がきいて
だんだん
顔に血の気が戻ってきて
安心したら
おなかがすいてきました笑。。

帰りに食べた
あったかいうどんが
すごいおいしかったー


なんか今回ね

大事なことを2つ
学びました

一つは
まず。

健康第一ってこと。

健康ならほんと
何でもできる。

悩むことですらできる。

走ることも
笑うことも
考えることも
仕事することも

不健康はそういうの
全部奪ってくんだね


体のことで思ったのは、

人間そう簡単に死んだりしないってこと苦笑。

昨日
トイレで
痛くて痛くて

もう痛すぎて
「気を失いたい。」
って思ったの。

でも、
なかなか失えない苦笑。

意識はかなり強いものでした苦笑。


ほんと痛くて痛くて
痛すぎたけど

死ぬ程じゃないの。

激痛だけど、
この痛みじゃ死なないなって
自分で分かるの。

走馬灯も出てこなかったし苦笑。

人間、てか、あたしって
かなり丈夫なんだなー
って思いました。

有難いことです。

だから
こんなに体は踏ん張ってくれてるのに、
簡単に命奪うようなことしちゃいけないね。


あと
二つ目は

あたしには
ちゃんと助けてくれる人がいるって事だよ。

まず家族。

もう何はなくても
飛んできてくれて

久しぶりに
お父さんにおんぶされたよ笑。

痛くてお母さんの腕とかおなかとか
ひっかいたりしたのに
全然平気な顔してた。

妹は心配して駆けつけてくれた
あたしが大変なことになってるんじゃないかって
ドキドキしながら
病室入ってきたんだって。
そんな中でも身の回りのことも用意してくれてね。


ほんとにありがとう・・・。


それと
友達や彼氏や職場の先生ね。

大変だよ
ってメールや電話をしたの

そしたら
ほんとに心配して
連絡をくれて

ほんとみんななんて優しいんだろう

どうして
辛い人の立場に立てるんだろう

みんな
それだけ
苦労をしてきたの?

どうしてこういうとき
こう言ったら
安心するだろう
とか
嬉しい
とか
分かるの?

すごいね
すごいね
みんな

ほんとにありがとう。


そして
これを観てくれてる人達

タイトルみて
きっとびっくりして
ページ開いてくれたんだよね

ほんと
ありがとう

いつも見ててくれてありがとう


感謝感謝です


今日は仕事休みました

小心者で
ほんと
仕事一つ休むのも
ものすごい悩むんだけど

やっぱり
休んでよかったと思うよ

今日は皆さんに迷惑かけちゃった

あたしが司会の研修だったのに

でも
これは頑張ったから
ちゃんとやろうなって
管理職の人が言ってくれました。

あたしもやりたいです。


というわけで
ほんと
色々
ありがとうございました。
[PR]
by eripan0504 | 2008-08-26 18:39 | 健康

バカンスいってきました。

あぁ
あれを
世に言う

バカンス

なんだろう

と、思うわけです。



お盆休み明けから
外語の時の友達あやかと
グアムに行ってきました。

あやかと
旅に出るのは
もう3回目。

少しずつ
二人の趣向が変わってきたのかな?
なんて
思った旅でした。

またいけるといいなぁ
そう
切実に思ってます。


今年の夏は
意識的に
お仕事入れなくて

あんまり職場にも
行かなかった

休み前は
なんだか
ほんとに
ツラくて。



そして
南の島で
ゆっくり
のんびり
してきたよ。

だってね、
次にやることも
その次にやることも

ぜーーーーーんぶ

遊び!

なんだよ笑。



そんな旅の中で
いろんなこと考えて

相手の立場に立てなかったなぁ

とか

色々
後悔が
残る旅でもあったけど

あたしは
ちゃんと

休めた

と思います。


旅先で
デジカメに入ってる
子ども達の顔見たら
ちゃんと
懐かしくなって

早く会いたいなぁ

先生は。
[PR]
by eripan0504 | 2008-08-25 00:15 | おやすみ

教材研究

今日は
日直でした。

久々に
ちゃんと
教材研究やったよ。

国語。

色々用意したり
工作したりしてると
次々と子ども達の顔が浮かんでくる。

あたしも
まだ大丈夫かな。

明日は
一日出張です。

明後日も。

ちょっと気が重い・・・。

きちんとおしゃれして
気分上げてこうと思います☆
[PR]
by eripan0504 | 2008-08-07 01:18 | 学校

評価

今日は
なんかとっても
イライラしました。

原因は何かな

手帳に書き出してみました

ヒールの靴が
足に合わなくて痛いから?

勉強会に向かう
鞄がとても重いから??

色々考えてみました。

はっきりは分からないけど、

夏休みに入って
自分の時間がたっぷり取れる。

誰か周りの人との繋がりが
なんとなく
薄くなってる気がする。

最近のあたしが書く
文章は

「私はこれをしました!
あれもしました!
そして
これから
あれもこれもそれもやるつもりです!

(スゴイデショ?)」

みたいな感じで
自分でも書いててなんか嫌でした。


そしてさらに
誰かからのレスポンスがつくはずなのに
つかないと
なんか不安になる

みんな私のこと嫌いになっちゃたの???

って。


いつもいつも
誰かの目線を気にして
評価されることに
ちょっと疲れちゃったのかも




ここの人達は
昔から
とても温かくて
安心して
表現できます。

静観してるっていうか。

コメントなんかなくても、
見守ってくれてるって
勝手に?思ってます。


夏休みは
勉強をしよう!
教材研究をいっぱいしよう!

って、
とってもはりきっていたのに
体と心は
イヤイヤをしている

それで
一日ダラダラと過ごすと
それはそれで
すごい罪悪感


結局休みなのに
あんまり休めてないんだよね。



休みといえば
何かほしいと思って
街に出かけるんだけど

最近
衝動買いが激しい。

頭で考えて

「あんまり着ないな
家にも
こうやってあんまり着てない服
いっぱいあるな。」

って分かってるのに、

セール
とか
ちょっとでもほしい
とか思うと

なんだか
何かを満たすように買ってしまう。

手に入れないと気が済まないのね。


そしていっぱい買った日なんかは
すごく罪悪感さえ感じる。

きっと根が小心者なんだろうね苦笑。

でも
なんかそれだけじゃなくて
心がSOS出してるような気がするのです。

最近は
買ってしまうのがこわいので
お店には近づかないようにしています^^;



明日は
人権の担当者になってしまったので
横浜に出張して
職員研修用のビデオを借りてきます。

こないだ実は一回行ったんだけど
その時予約したものは
使えないと今日判明。。

なんか気が重いなー。


でもそれを話したら
行けたら一緒に行ってあげるよ
って言ってくれた先輩がいて
すごくありがたかったです。


その人は2年前に
同じ人権担当者をやっていた先輩。

ほんと有難かったです。

あたしはこうやって
自分の時間を使って
誰かのために動けているだろうか

答えは
まだ
NO
だと思う

人と繋がっていたいと思いながら
人と関わることを
避けている自分がいる

自分が休もうと思った日に
誰かのためになんて
今のあたしにはできないよ

でも
こういう行動が
自分と周りの間にすきまを作ってる
ってことに
最近ようやく気づき始めてる

仕事も一緒だね
評価されたいと切望してるのに
大した努力もしてない

逆に言えば
大した努力もしてないのに
高い評価をしてくれ
って叫んでる


でも一方で
こないだみたいに
自分が自然体でやってることを
実は評価してもらってる
ってこともある




今日のテーマは
『評価』だね



もう亡くなった友達に

「(私は)自分に課題を課して
それをどんどん達成していくのは
すごく上手なのに

それを自己評価してやるのが
下手というか。

いつもいつも
家族や彼氏や友達の評価で生きていると
(私の)良さを見失っちゃうと思う
たぶん。」

って言われました。


自分の力を正当に
(いいとこはいい
がんばんなきゃいけないのはここ)
自己評価するのは難しいけど
そろそろ
自立
しなきゃなのかもね。
[PR]
by eripan0504 | 2008-08-05 02:03 | ひとりごと

追憶

なんか
こないだと
タイトルかぶってんな・・・。

でも、
こないだとは
ちょっと違って
少し前向きな気分での

『追憶』






大学の時の
ゼミの人達に会ってきた。


ゼミは、
あたしが
苦しんで
苦しんで
でも
前に進まなきゃ
って
日々を過ごしたところ。


あの頃は
プライベートの人間関係とかも
すごくぐちゃぐちゃになっちゃったり

サークルと就活の
二束のわらじが辛かったり

さらに
そもそもこのゼミの単位、
あたしほんとにもらえんの?
って不安と

毎日戦ってた。


だから
あの頃の事を
思い出すと

今でもちょっと
胸が痛い。


ほんとに文章が書けなくて

泣きながら書いては突き返され
書いては突き返され

もうあたしの学びが全然足りない!!
って
先生は青筋立てて怒った。

あなたは
学問以外にも
色々悩みを抱えていないか?
と言われ、
心の中を見透かされた気がした。


サークルも君はやる余裕ないって言われて
でも
どうしても続けたくて
内緒で続けたりした

ゼミの友達も
みんな立派過ぎて
こわくて

あたしは

とにかく
毎週のゼミの時間が
気が重くて仕方なかった。


でも
卒業する時
あのゼミって場所は
あたしにとって
ほんとの意味での
恩師との出会いの場だって思った。


あたしが
最後まで引っかかっていられたのは
色々事情があったんだけど

それが
今、少し形を変えてきているようで
少し寂しい。


それにしてもあの頃は

「水呑み百姓」
とか
「ちゃんと日本の教育受けたのか!?」
とか
「ガキの遣いじゃないんだから」
とか
「思考が軟弱」
とか
もうここに書き切れない位、

ほんとさんざんな言われようだったけど笑、
今ほんとそんな言葉の一つ一つが
あったかい。(Mか笑?)


そして
昨日はついに
文章のことで誉められて
あたしは多分一生忘れません


論文は全く意味が通らないけど苦笑、

ぽつり ぽつり と
詩・・・ というか 散文
を書かせたら



林は



一流



おれは林の力を見誤ってたかもしれないな・・・








きっと
それは
嘘も淀みもない
きれいな言葉で

あたしの過去は
随分昇華されたような気がする。




そして
そこで一緒に戦った
ゼミの友達は
今でも
ほんとに
大切です。

あたしは
心のそこから
信頼する
って初めて知ったかもしれない。



なんか
追憶というか
ただの思い出話だね笑。

大学時代って
なんかほんと色々あったな。

第二の思春期みたいに
情緒が不安定で、

頑なに拒否したり
親の保護下からもがき出ようとしたり
恋愛で躓いたり
自分の将来の姿が掴めなくて苦しかったり

大変でした苦笑。
特に後半。




もしこれを読んでいれば。

大切なあの人に。

元気にしていますか



私は待ってます

戻ってきてください

戻ってきてなんて
ほんとは
軽々しく言えない。


あなたは今とても幸せかもしれないから。



でも

待ってます



薄情な私を許してね




みんなも

あなたを待ってます




あなたはあのままでじゅうぶん愛されてるよ。
[PR]
by eripan0504 | 2008-08-04 01:20 | ひとりごと